猫を喪った同志(?)。今垂涎のマスクのはなしも

今日、気づいたら2月になっていました。

新しい年も1か月過ぎたのね、早かったあ! というわけでもなく、
いつまで1月が続くんだろうと思っていたのに月が変わった喜びもなく、
ただただ1日1日こなしていくことを1番に考えなくては、というだけ。

なにか楽しいと思えることないかなあ、楽しいと思える気持ち湧いてこないかなあ、と。
はい、ないのです。

ところが、今日、
近くで用事を済ませている間に、あるお店の猫グッズの前が足が止まってしまいました。

すると、ほぼ同時に足を止められたご婦人とお喋りする幸せに恵まれました。

その方は、私と同じか、ちょっと上、いや、同じかな、というお年頃。

猫グッズが可愛くて見惚れてしまうということで共感!

その方は13年ほど前にご主人を亡くされたそうです。
おそらくご主人ご存命の頃から飼われていた猫さん2匹。
それぞれ22年、23年と一緒にいてくれた、アメリカンショートヘアーさんたち。
昨年、2匹目さんが老衰で亡くなられたそうです。

以来、ご自身の年齢を考えられて、新たな猫さんは迎えられないと思われているそうですが、
そのぶん、あちこちに溢れている猫グッズを目にすると、立ち止まらずにいられない。
でも、欲しいからと全部買ってしまわないように、心にストップをかけている。

ご自宅ではぬいぐるみを周りに置いて。でも猫さんを撫でる感覚、話し合う感覚は得られない。

だからか、道を歩かれていて、ワンコのお散歩に出会うと、飼い主さんにお願いして撫でさせてもらう。

「わたしもおんなじですぅ!」と、
とっても共感できる方で、けっこう長いあいだ、お話しさせていただきました。

でも、お話ししていて、違うと思ったこと。

その方は、テレビで猫動画をご覧になるのも楽しみのひとつだそうです。
私は、ルンが逝って以来、動物の動画はほとんど見られません、いまだに。

そこが違っていても、連絡先を教えていただきたいぐらいステキな方でしたが、
このご時世、むやみに連絡先をお聞きしてはいけないかと、
握手をして別れました。

そのあと、買ってしまった猫グッズ。
awesomeのKuloeちゃん。コースター(右)66円、ノート(左)99円。
DSC_9474.JPG
同じお店のレジ横にあった、マスク。
洒落たパッケージで、50枚入っているそうです。
DSC_9475.JPG

今、マスクが売り切れていると聞いたので、買ってみました。

そうしたら、品卸のために14時開店となったドラッグストアに長蛇の列。
皆さん、マスクを目当てで並ばれていたようです。

ほかのドラッグストアでも、「次回入荷は不明」という張り紙がありましたから、
特にご家族で暮らされている方々は沢山必要ですよね。

今恐れられている肺炎、できるだけ早く収まりますように。
皆さん、お気をつけください。

シダーローズ

昨日はこの辺りも雨に白いものが混ざり、とてもとても寒かったです。
ちょこっと出かけたものの、建物の陰とかに入りこんで寒さを避けたいぐらいで、
身体を思いっきり縮めるようにして、帰ってきました。

昨日以外でも朝晩は寒いのに、暖冬なのですよね。
雪が必要なところでは困っていらっしゃるとか。

暖冬のせいなのか、今年はシダーローズができるのが遅いような気がしていました。

ヒマラヤスギの実です。
スギとは言ってもマツ科なので、松ぼっくりのような実ができます。
マツ科だと教えてくださったのは、今は亡き樹木の研究者さん。

ずっと杉ぼっくりと呼んでいたのですが、
植物に詳しい友人が「シダーローズ(cedar rose)」という名を教えてくれました。
cedrは杉のこと。

ほかにも、モミの木とかドイツトウヒとか、こうしたコーンという実ができる樹木があり、
それぞれ実に特徴があります。
これは現在ご活躍中の樹木の研究者さんに教えていただきました。


それでも、たびたび見に行っていたら、枝の上の坊やたち(実)のコートが茶色くなり、
くずれて飛んでいったらしき跡も見られたので、
樹の下へ行ってみました。
1 DSC_9220.JPG

風が強い日や台風のたび、枝上の坊やが減っていく印象があったとおり、
下には大きく育ったのにそのまま落ちてしまったコたちがたくさん。
おちたまま.JPG

大きいまま落ちてしまったコたちは、地面についている部分が湿っています。
乾いて飛んでいけるといいなあ、と願いながら、全身を落ち葉の上に出しました。
おちたままならべ.JPG

中には、枝がついたままのも。見えますか? 実の向かって右側を上に伸びている枝。緑の葉がついています。
葉が緑ということは、落ちてからそんなに時間が経っていないのでしょうか。
いえ、ほかの場所を見て枝葉を見つけても、ずいぶん長い間緑色を保っているようです。
えだつき.JPG

落ち葉の中にふと見つける、かわいいローズ。
おちてるばら.JPG

大きいまま落ちて、湿っていないコたちを少し連れ帰り、ベランダに出して乾燥を試みました。
雨の日は室内に。
DSC_8837.JPG

しばらくすると、はい! ローズ誕生!
ばらたんじょうDSC_8989.JPG

ばらばらになってくると、こんなふうに、ろうそく立てみたいなのが出てきます。
とげDSC_8991.JPG

なんと、ろうそく立てだらけの枝が落ちているのを、めっけ!
ちょっと感激!
とげとげ.JPG

シダーローズ、って、こんな感じです。大きくて華やか。
小さくて、開けずにいるのはローズとは呼ばないのでしょうか。
乾燥したら、ふわっと開いてくれるかな。
ローズDSC_9276.JPG

リースや飾りに加工されますが、私はただただステキな箱とかに盛っているだけ。

ローズになった部分より下は、今度、いた場所に戻してあげるつもりです。


ローズ拾いでうろうろしていたら、カタツムリをみつけました。
かたつむり.JPG
でも、中身はカラのようです。中にいたコはどこへ行ったのでしょうか。
今度はカタツムリの一生を知りたくなりました。

みなさま、どうぞ、温かくして、体調を、そして心も大切にお過ごしください。





み~ちゃん

新年になって半月近くになります。
七草がゆ、松の内あけ、鏡開き、今年は一段と実感がないまま日が過ぎています。
今日の夕方、近くまでちょっと出かけた際、晴れ着姿の女性や正装の男性たちの笑顔を目にして、
ああ、今日は成人の日だったなあ、と思った程度。

何かを感じるアンテナ、感動する心、失いたくはないのに。

加齢のせいか、性格のせいか、
日々の中で何も感じない方がニュートラルでいられる環境があるからか。

年が明けてから数日経った頃、以前にもご紹介した外猫ちゃんに会いに行きました。
電車にちょこっと乗ったら行ける駅のそば、ある百貨店に隣接するフルーツパーラーそばにいる子です。
もう20歳ぐらいになるような。

2016年10月16日、https://myamya.at.webry.info/201610/article_3.html
2019年9月9日、https://myamya.at.webry.info/201809/article_1.html
きっともっと何度も触れていると思いますが。

寄るたびに、もういないかもしれないとドキドキするのですが、いてくれました!

DSC_9101.JPG

日差しが気持ちよかったからか、住まいの外に出ていて、撫でさせてくれました。

とっても不思議なことに、
彼女は知らない人たちなのに、ファン(たくさんいます)のナデナデを受け入れてくれるのです。
親身にお世話をしてくださる方がいらっしゃるようなのですが、
ケージに入っているわけでも つながれているわけでもないのに、どこかへ行ってしまわないのです。

昨春の暖かかった日、隣接する階段を下りていったのを目撃しました。
下まで降りてしまえば、どこにでも行けます。  でも行かない。
DSC_4781.JPG

年明けに会いに行った際、さすがに痩せてしまった感じがしました。
撫でさせてもらっていたら、ファンの方々がいらしたのでその場を譲りつつ、「ちょっとやせちゃいましたかね」と言ってしまいました。
DSC_9100.JPG

DSC_9099.JPG

彼女の前で「痩せてしまったかも」と言ってしまったことが気にかかり、
「スマートに、小顔になって、いっそうステキ」と言い直そうと、用事が済んでからまた行ってみました。

ファンの方が彼女との時間を楽しんでいらしたので、それは言えず。残念。
でも、お住まいをよく見させていただいたら、「み~ちゃんのお爪とぎ」と書かれた爪とぎを見つけました。

み~ちゃんという名前がわかっただけで嬉しい!
お世話をしていらっしゃる方にお尋ねしたいことは幾つもありますが、
昼夜を問わず張り込んでいなければお会いできないのでしょう。

その方と彼女の絆に触れることなく、1ファンとしてまた寄らせていただきます。

今年もよろしくお願いいたします

新しい年になりました。

毎度おなじみ、手編みおせちの登場です。
DSC_9067.JPG

みなさまの1年が、優しさに満ちた、心温まる日々でありますように。

今年もよろしくお願いいたします。

DSC_9068.JPG

よいお年をお迎えください

大晦日。 今年がおひらきになろうとしています。

皆さんはどんな1年でしたか?

私のこの1年。

ヒトの冷たさや恐さも知りましたが、
ヒトの優しさと心の温もりもたくさんいただきました。

そして今日、63回目の年越しに向かって時が刻まれています。
また新しい年を迎えられること、やはり、ありがたいと感謝することにしましょう。


このブログも見ていただき、ありがとうございました。


皆さんの年越しが、心地よい時に包まれていますように。

よいお年をお迎えください。


来年もよろしくお願いいたします。



新しいおともだち

「♩もういくつ寝ると・・・・・・♩」
今年もあと数日になりました。

とはいえ、まったく実感がありません。
外に出ると、ご家族でお買い物されている様子が忙しなく見えて、
ぼんやりと焦燥感が近づいてきますが、すぐ忘れます。
わたし、だいじょぶか?

ところで、私、お休みに入って早々に映画に行ってまいりました。
友達が誘ってくれて(ありがとう)、『ひつじのショーン』へ。

この前に観た映画は、『世界から猫が消えたなら』か『ルドルフとイッパイアッテナ』でしたから、3年ぶりかも。
あの頃は、まだルンがいてくれましたっけ。


DSC_8985.JPG
楽しかったです、とっても。
言葉で説明されていないのに、出来事や感情が伝わってくる、素晴らしい作品。
DSC_8986.JPG
キャラクターたち、かわいかったぁ!


その帰り、お店をうろうろしていたら、かわいいものがいっぱい!
出そうになる手を自制しつつ、きょろきょろ、キョロキョロ。

そして、やはり、新しいおともだち、連れてきてしまいました(お支払いは済んでおります)
DSC_8947.JPG

ナマケモノくん。

手のひらが大きくて、重たいのには理由があるようで、
椅子の背にぶら下がることができます。
DSC_8948.JPG

脚の間にもぶら下がってもらいました。
DSC_8977.JPG

肩にぶら下がってもらうと、お顔が下向いちゃいますが、この姿もgood
DSC_0002a.JPG

DSC_8987.JPG

アップにすると、にっこり笑っています。
DSC_8988.JPG

早朝に猫

あと1週間とちょっとで大晦日。
カレンダー上ではわかっていても、実感がありません。

みなさんは大掃除の計画などたてていらっしゃるのでしょうか。
私は年末の実感が湧かないまま、いつもと同じような日々をやり過ごしています。

そんな中、昨日はいつもより早く出勤しなくてはならず、
朝6時に自宅を出ました。
いつもは6時半。

ここのところ、出勤への不安や恐怖が強く、たまにお願いしているタクシー、
昨日も利用させていただきました。

とても贅沢で、もったいないことですが、「遅れてはいけない」という強迫観念が勝ります。


とはいえ、最寄り駅までですけれどね。
ほんの17,8分が不安で歩きとおせないことがあるので、
とにかく最寄り駅まで連れて行ってください、という思いです。

前置きが長い! すみません。

朝6時の街は暗くて、まだ夜のようでした。
6時半に出る日は、もう少し明るくなっているのに。

それでも、ワンコのお散歩中の方がいらしたり、ご出勤らしき方がいらしたり、
数名の人影を見かけました。

これはもう、夜としか見えない。
DSC_8895.JPG

線路の向こうも暗く。
DSC_8896.JPG

そうして、遅れることなく出勤できたのですが、
いつもより30分早いのに、猫さんたちが迎えてくれました。

歩いていて、ふと気配に気づいたら、足元を一緒に歩いている猫さん。
先の方でこちらに駆け寄る猫さん。
背後から、追いつこうと小走りしてくる猫さん。
先方のほうが足が速いですから、すぐ追いつかれます。


昨日の朝はこのコたち。


グレくん
DSC_8899.JPG

グレくんに安住のテリトリーを奪われてしまい、
今は少し離れた場所をホームエリアにしたらしい 茶コちゃん。
DSC_8903.JPG

今はめったに会えないけれど、子猫の頃から知っている、お嬢。
私はトコちゃんと呼んでいます。ルンと同じ母猫から生まれた、何年もお姉さんの猫。
母猫の最初の出産で生まれたコだったように記憶しています。
母猫をトラちゃんと読んでいたのでトラちゃんの子どもで、トコちゃん。
最近何度か会えていて、彼女、私を見かけると鳴いて呼び止めてくれます。
DSC_8901.JPG


茶コちゃんとトコちゃんの写真がぼけぼけになってしまったので、
みんな、違う写真も載せましょう。
DSC_8076.JPG

DSC_8880.JPG

DSC_8871a.jpg

久々の猫ばなし、やっぱりいいですね。
I love cats です。