パスケースはじめ日々の味方たち

朝晩はずいぶん気温が下がってきたように思います。
そのせいか、今週前半、体温計が39.1を表示してびっくり。
翌日病院に行ったところインフルエンザではなかったので、
処方薬で熱が下がってからは出勤できました。

皆様も、どうぞ、お気をつけください。

ところで、体調がすぐれない時はもちろん、
不安が強くなった時のためのお守り、私には大切です。

バッグの中にはミャミャとルンにちなんだストーンが入っていたり、
薬が入っていたり、
スマホの中には猫の写真がいっぱい入っていたりですが、

バッグの外にも。

パスケース。
長年愛用していた黒猫のパスケースです。
DSC_8593.JPG
大好きだったのですが、擦り切れてしまい、これ以上使っては可哀そう。

お店をぶらぶらしていたら、見つけました、
コヅメカワウソのぬいぐるみパスケース。

とてもとても気に入ったものの、はたと自制。
うちに、ほかにもあったなあ、と。

何年も前に入手し、入手してもパスケースとして使うつもりはなく、
飾っておりました、これ。
DSC_8588.JPG
DSC_8589.JPG
なかなかの大きさです。

目立ちすぎ! と思いつつも使用開始。

そうしたら、朝の出勤時、近所で声をかけられました。
いえ、ワンコのお散歩をされている方でしたから、
私が先にワンコに挨拶し、連れていた女性が私に声をかけてくださったのです。

 はい、お散歩に出会うと、たいていワンコに挨拶し、それからヒトにも挨拶します。
 1匹だけ声をかけられないワンコがいて、そのコは口輪をつけられています。
 見かけるといつも悲しくなってしまう。

話をもどして、その方、「それ、なんですか?」と。
「パスケースです」とお答えしてお見せし、ワンコにも嗅いでもらいました。
そして、ワンコさんのお話を伺って。

パスケースがくれた小さな触れ合い。感謝、です。

この手、手のひらを重ねて歩いていると、温もりを感じて、なんだか安心するのです。
DSC_8603.JPG
わおっ! 恋人つなぎ?


パスケース以外にバッグからぶら下がってくれているのが、
この、小さいほうの猫。
DSC_8597.JPG
不安な時にそっと握らせてもらいます。


そして、小さな猫たち。
DSC_8594.JPG

外での日々をなんとかやり過ごすための味方たちです。
DSC_8596.JPG

ん?
なんか変。 ん?

あっ、小さいコたち、6匹いたはず。 え?
もう1匹、黒っぽい柄の方のコがいない。  え?

そう、1匹、どこかで落としてしまったようです。
気づきませんでした。

落ちても気づくように鈴をつけておいたのに。
DSC_8599.JPG
まとまって落ちたら鈴が鳴って気づいたかもしれませんが、
1匹だけ、金具からはずれてしまったのでは気づけませんでした。
DSC_8598.JPG
左端の金具についていたのです。

皆から離れてしまったとき、あのコはどんな気持ちだったでしょう。
ほかのコたちは、どんな思いだったでしょう。

1匹だけ離れていった光景が目に浮かんでしまい、申し訳なくて申し訳なくて。
どこかに落ちたままになっていないか、通勤路で今まで以上にキョロキョロすることにします。
でも、見つかる可能性は低いことを覚悟して、いつまでも自分を責めるのはやめないと。
どなたかが連れ帰ってくださったであろうと、気持ちを切り替えられますように。


小さなコたちはもう連れ歩くのをやめましょう。
でも、一緒にいてくれる味方が減ってしまうから、
かわりにもう1つあるパスケースの登場?
DSC_8590.JPG
DSC_8591.JPG
いえいえ、大きな手2つは目立ちすぎ。三毛ちゃんは白い部分が汚れちゃいそうですし。


ミャミャとルンの毛か爪をペンダントに入れて一緒にいてもらいましょうか。
そのためのペンダント、霊園で購入したまま使っていないので。
DSC_8604.JPG

ああ、でも、それをなくしてしまったら・・・・・・困る、困る。
何か考えようっと。


きのこ


台風の被害、水害、大きなものになってしまいました。
今も不自由な生活を強いられている方々がたくさんいらっしゃいます。

どうか、できるだけ早く、安心できる時間が戻りますように。


雨で被害を受けられた皆さんには申し訳ないのですが、
雨のあと、大きなきのこを見たので紹介させてください。

以前は小さなきのこを見ることが多かったのです。

これは芝生の中。
カサは人差し指の先ぐらい。
キノコ2018.9.30shou.jpg

こちらはプランタの中。
「え? プランタの中にも?」と驚いたのですが、
うちの植木鉢の中にも小さいのができたこと、ありました。
きのこプランタ.JPG


最近見かけるのは大きなもの。

これは手のひらぐらい。
きのこまる.JPG

これはお相撲さんが手をいっぱいに広げたぐらい、という印象。
お相撲さんの手、じかに見たことないですが。
きのこまるだい2.jpg


そして、幾つも並んでいるエリアを発見。
きのこ全景.JPG

きのこ大.JPG

端っこの方には明るい色の小さなコたちも。
これからカサが開くのでしょうか。
きのこ小.JPG

このエリアは、2018年9月30日にご紹介した場所です。
その時の写真
きのこ.jpg
きのこ20180930.jpg

同じきのこかな? 

きのこは土からも生えます。樹からも生えます。

見つけると、ついつい写真を撮り、
さらに探してしまいます。

だって、きのこはいつのまにか消えてしまうから。
特に小さなコたちは。


きのこ学、面白そうですね。奥が深そうです。

台風の猛威、馴染みの猫たち、多摩川のトライアングル

台風19号。

12日の夜中、外が15号ほど騒がしくなかったのは、
この辺りでは風より雨の方がひどかったからでしょうか。
15号では多く見かけた倒木も、今日はあまり見ませんでした。
気づかなかっただけかものしれませんが。

15号で驚いた被害地域の様子。
その報道の記憶も消えないまま、実際の解決もみないまま、
また大型台風。

11日にはパンが売り切れていました。
養生テープ、ブルーシート、電池、等々、災害に備えての品々も売り切れていたそうです。
皆さんが15号の被災地の様子を踏まえて準備されたのでしょう。
でも、空っぽのパン売り場の光景は、東日本大震災を思い出して怖かった。


そして、19号が通り過ぎ・・・・・・、
今回の被害の大きいこと、広いこと。
15号の被害が復旧しない地域も、
東日本大震災を経験された地域も、
まさか河の水が流れてくるとは思っていらっしゃらなかった地域も。

テレビ画面に映る様は、ただただ驚くばかりです。

私の住まいは河も崖も近くないので、室内にいるかぎり問題なく過ごせました。
幸い、停電もなく。
なんて恵まれていることか。
なんと申し訳ないことか。

雨がおさまっても河の増水が止むとは限らず、
浸水地域の方々はどんなに不安でいらっしゃるか。
今も洪水警報が出ているなんて。

被災地は復旧の見通しどころか、
まだまだ安心されることもままならないでしょう。

濡れてしまった物、濡れてしまったお部屋、お宅、
その片づけだけでもどんなに大変なことか。

無事でいて、すみません。
ボランティアにも伺わず、明日は出勤の予定です。
ほんとうに申し訳ないです。


そんな心持ちなのに、今日、馴染みの猫たちの無事を知りたくて、
行ってみました。
自然災害の前では、外の動物たちの方が人間よりもよっぽど賢くて強いと思いながらも。

雨の中にはめったに出てこない茶コちゃん。
着いた時には雨が降っていたのですが、名前を呼びながら歩いていたら、
出て来てくれました。
その様子は、「あ、来た来たぁ!」と喜んでくれているようでした。
ありがとう。
DSC_8074.JPG
彼女に、「怖かったでしょう? どこにいたの?」と聞いたら、
「ん? だいじょぶ。でも、会えた、会えた」と言ってくれているようで。


ふと気づいたら、背後にグレ君も登場。
DSC_8076.JPG
彼は多少濡れても雨の中を歩いているようですが、
さすがに台風は怖かったのか、
その鳴き声は、「なんで来なかった? なんで?」と責められたような気がしました。
ごめんねえ。


彼と彼女は一緒にいられないほど仲が悪いので、それぞれと話し、
「また明日ねえ」と、帰ってきました。
DSC_8081.JPG
DSC_8079.JPG
無事で何より。

やっぱり外猫たちは強いなあ、と感服しつつ、

ふと、先日NHKで放送されていた、「多摩川トライアングル」に生息する動物たちが心配になりました。
タヌキやイタチや、シカまで暮らしているのにビックリしたのですが、
この台風で、彼らが流されていないことを祈ります。
外の動物たちは強いと言っても、多摩川と秋川が合流する辺りの中州らしいので、
逃げ場が無いような。

たまたまこのブログをご覧になって、あの場所の今をご存知の方がいらしたら、教えてください。

カラスに魅了されて

このあいだ、街を歩いていたら、
あるお店のショーウィンドウに目がとまってしまいました。
工芸品を扱っているお店で、以前にも何度か足をとめたことがあります。

この日、わたしを射止めたのは、カラスさんたち。
なんとも魅力的で、2羽連れ帰らせていただきました。
DSC_7894.JPG

ちょっと向きを変えると、
DSC_7895.JPG

かわいくないですかぁ?

お店に入ってお値段など伺ったら、
「処分品」だそうで、なんと、1羽100円!と。
内心、「ええ~っ? 処分? 100円? こんなに可愛らしいのにぃ?」でした。

しつこく、もう少し向きを変えた感じを。
DSC_7927.JPG
DSC_7928.JPG
DSC_7929.JPG
あ、ぼけた!

いやあ、かわいい。と思うのです。
このコたちにかぎらず、魅力的な作品をつくられる方々、尊敬いたします。

すばらしい!

造形作家の皆さん、どんどん愛らしさを見せてください。


カラスはきれいです。
見かけると、ついつい話しかけたりします。
気がたっていそうな時は、目を合わせずに黙って通り過ぎますが。


先日、仲良しカラスを目撃!
DSC_7762.JPG
DSC_7764b.JPG

おそらくこの2羽、前日には水浴びで遊んでいました。
小屋のような建物の天井にたまった雨水で水浴び。

何かの気配を感じて、視線をそちらに向けたら、
なんとも楽しそうに水浴びしていました。


その数日後、自宅近くのマンション前でも、カラスさんの水浴びを目撃
DSC_7925.JPG
撮影しようと思ったら飛んでいってしまいましたが、
カラスさんの水浴び、気持ちよさそうでした。


今日もふらふらと街歩きをしていたら、猫さんの里親探しに遭遇。
ずいぶん長い間避けていたのに、出会ってしまいました。
4匹の猫さんがケージの中でじっと見られていましたが、
あまり近づいて皆とお話しする勇気がなく、
端にいたコとだけ。
DSC_7926.JPG
このコ、9歳の男のコだそうです。
人の膝が好きで、すぐ乗ってくる、と、ケージに貼り紙がありました。

なんとも優しげで控えめな目元です。
それは、9歳で里親探しに至るまでの経験がもたらすものかもしれません。

こんなに優しげなコと幸せに暮らせたらいいだろうなあ、
と思いつつ、
「いい家族に迎えらますように」と話して、サヨナラしました。
早く、彼を幸せにしてあげる、彼に幸せにしてもらう、そういう家族と出会えますように。

ロッキングチェアでみんな一緒

急に涼しくなってきました。
9月も後半ですから、さすがに秋めくのですね。

先日の台風の翌日、いろんなものを拾いました。
DSC_7656.JPG
プロペラがいっぱいついているモミジ。

DSC_7657.JPG
この小さい実は、松ぼっくりの赤ちゃんでしょうか。

DSC_7660.JPG
ドングリも。

皆、まだ落ちたくはなかったでしょう。
後で土の上に置いてきました。


千葉県では台風の爪痕がひどく、今もご環境が改善されない方々が多くいらっしゃいます。
辛い思いをされている皆さんに対して詐欺が行われたり、空き巣が入ったり、
というニュースが聞こえてきて、悲しくなります。

どうか、一刻も早くご不便のないご生活になられますように。


そしてまた台風が日本にやってきて、
ここ関東南部でも今日は午後は雨だというので、
午前中に近所までちょっと買い物にでかけました。
午後も雨は落ちてきていませんが、
帰りにかわいい方に出会いました。

カマキリさん。
小柄で、淡い緑色で、またお若いのかな。

この方、なんと車道の真ん中にいらしたのです。

事故に遭う、ひかれる、つぶされちゃう、等々、
悲劇の場面ばかり頭に浮かびます。

その間、走りすぎていった車3台。
その都度目をつぶり、あけると、なんとご無事。

車が途切れたので、紙に乗せて道の端へ。
DSC_7803.JPG
カマキリさんは手でつまむとつぶしてしまいそうなので、紙に乗せるしかできず。
小さめの紙しか持っていなかったので、何度か落としてしまいました。
ごめんなさい。怖かったよね。痛かったよね。

そして、近くの植え込みへ。
DSC_7804.JPG
DSC_7804b.jpg
怪我はしなかったようで、よかった。
どうか、天寿をまっとうしてくださいますように。



気づくとヨガマットの上で眠っていることが多い今日この頃、
休日に少しずつ、つくってみたものがあります。

猫のぬいぐるみに座ってもらっていたロッキングチェア
DSC_7791.JPG
DSC_7793.JPG
ヒトを編んで、替えてみました。
私のつもり。座ってみました、という感じ。
DSC_7795.JPG

一緒にいようと、猫たちをフェルトで
DSC_7796.JPG

まずはミャミャちゃん
200705302302000.jpg
DSC_7797.JPG

次いでベルちゃん
2012021122070000.jpg
00380002.JPG

そしてルンくん
2017020912440000.jpg
DSC_7798.JPG

きいちゃんは少し育ったつもりで
2014041918050002.jpg
DSC_7800.JPG

ちょっと体制を整えて
DSC_7802.JPG
でもやっぱり混み混みですね。

猫たちは未完成な感じなので、時々ツンツンしましょう。
 羊毛の塊を針でツンツンして、形にしていくのです。

とりあえず、このまま、猫たちのお骨のそばに置きました。


久々のネコ話題

DSC_7639.JPG同年代のフルート奏者氏が出身大学のオーケストラ部で学生と一緒に出るというので、
昨夜行ってみました。
幸いなことに電車で数駅の場所だったので、行けました。
 不安神経症、遠いと行けません。

この歳で(還暦過ぎて2,3年)、学生と一緒に演奏できるなんて、幸せなことだと思います。
楽器ができて、それを続けていられること、すてきです。

聴きながら思い浮かんだのが、冒頭のフィギュア。
ずっと以前に集めたものです。
 「あれをもらってくれるかな?」と。

ところが、よく見てみたら、フルートがいなぁい!

このほかに楽器のミニチュアも集めたことがあるのですが、
DSC_7636.JPG
やっぱり、フルートがなぁい!

残念。

実は、食玩などで集めたフィギュアがいっぱいあり、
貰い手がいたら嬉しいのですが・・・・・・。

フルートがないので、フルート奏者氏には声もかけられないのでしたぁ。

*************************************


大変ご無沙汰しました。

別に旅行に行っていたわけでもなく、入院していたわけでもなく、
ただ日々やり過ごしておりました。


そんな中、
先日の出勤途上で見かけた光景。
DSC_7602.JPG
樹の枝の分かれ目に見えますか? 白猫がいます。

久々のネコ話題。

DSC_7602b.jpg

樹に昇っている猫、久しぶりに見ました。感激!

この写真の前、彼女の上、別れた2本の枝のそれぞれにいたのは・・・・・・カラス!

なんと、カラスを狙っていたのです。
カラスたちは猫をからかうようにそばまで来てから、飛んで行ってしまいました。

「おはよう。すごいねえ。チャレンジャーだねえ。
 でも、カラスさんはちょっと手ごわいと思うよぉ」
と声をかけると、

こちらを見下ろして、降りてこようとしたものの、
怖かったようで、なかなか降りられませんでした。

時折聞く、樹から降りられなくなった猫レスキューを思いついたものの、
私1人ではなんとも無力。

「慎重に降りておいで。大丈夫だから」と励ましていたら、
降りてきました。

DSC_7604.JPG
こちらを見ています。うれしい~っ!

DSC_7607.JPG
ぼやけていますが、やはり意識してくれています。ありがとう。

DSC_7608.JPG


DSC_7610.JPG
やっと無事に降りられて、一安心、でした。

********************************************


ご報告が中途半端になってしまった「うちのルピナスさん」は、結局だめでした。
その後もう1つ撒いた種もだめでした。

ルピナスさんにも、種をくださった方にも申し訳なく(お詫びしました)、
あと2つ残っている種はどうにか育てたいと思っています。

いつ撒いて、その後どうしたらいいんだろう。

うちのルピナスさん

暑いですねえ。
ずっとずっと以前は、30度あればニュースになるような暑さだったと思うのですが、
今は微熱ほどの38度とか39度とかの地域もあって、
やはり地球が変わってきているのでしょうか。

私も先日自宅で、普段のめまいと違うフラフラを感じて、
熱中症だといけないと、水分を補給しました。

熱中症は、気づいたら動けなくなっている、と聞いたことがありますから、

みなさん、気をつけましょう。


ところで、これ、
アザミです。
あざみ.JPG
「あれ? なんか、爆発してる?」と気づいたのは いつだったか。

アザミの花が爆発するなんて知らなかったぁ、と思っていたら、
どうやら、種のようです。

1つの株(っていうのかな)に、まだ小さくて色づいてもいない花、
今が盛りの花、盛りを終えてからの種、いろんな世代が同居しているようです。
不思議です。


植物といえば、前々回でしたか、ご紹介した「傘場ルピナス」

たくさん植えられたプランタはどんどん育って、
みっしり.JPG

あまりの密集ぶりに、2つに分けられました。
2つにわけられて.JPG

いただいた種はしまっておいたのですが、見てみたら ひとまわりほど小さくなっていました。

保存方法がいけないのかな?
芽生えてくれるのかな? と不安になり、
2つ、土に乗せてみました。

翌日は変化なしだったのですが、
2、3日後には ちょこっと緑色のが顔をだし(根?)
うちの1.JPG

撒いた2つのうち1つはダメでした。ごめんなさい。
左下に見えるのが申し訳なかった種です。
うちの2.JPG

種が大きく割れてきて、
うちの3.JPG

角度を変えるとこんな感じ。
うちの3.5.JPG

出てきました、葉っぱになるのが出てきましたぁ!
うちの4.JPG

伸びてきましたぁ!
うちの5.JPG

かわいい、かわいい。
うちの6.JPG

この葉っぱ、かわらしいですよね。
うちの7.JPG


昨日あたり、ふと気づきました。
プランタのより、葉っぱが小さくて、妙に長く伸びているような。
うちの8.JPG
根を深く張っている感じがしないので、倒れちゃいそう。だいじょぶだろうか。
根元に土を足して、支えなくちゃ。

種はあと数個あります。
暑さに弱い植物だから秋に撒くようにと言われたものの、
次第に小さくなっていくようで、
また芽生えさせてあげれらないんじゃないかと心配です。

プランタで育てている方に相談してみようかなあ。