おかえりなさぁい、つばめさん

200510DSC_0383.JPG
「母の日」 今年は「母の月」にするそうで。

白いカーネーションを買ってきたのですが、
それだけじゃ淋しい感じがして、先日買って飾っておいた花たちと一緒に。


本題です、

一昨年と昨年に営巣していたツバメさん、
今年はもう来ないと思っておりました。

  最寄り駅近くのコンビニの軒先です。

だって、昨年の巣立ち前に巣が壊れてしまったから。
20190616a.jpg
20190616b.jpg
20190616c.jpg
2019年6月16日までにここに載せた写真です。


ところが、先日通りかかってみたら、

なんと、

巣が立派に修復されているではないですか!
2000508DSC_0372.JPG

え? 帰ってきてる? 
え? ほんとに?

そして、その翌日、
200510SC_0379.JPG
親鳥が巣の中に。

実はこの時、私の視線と同じぐらいの看板にに連れ合いさんがとまていらしたのですが、
気づいて撮影しようとしたら自転車が通り、去っていかれてしまいました。
残念。

ついこのあいだのテレビ番組『〇〇ちゃんに叱られる!』が、ツバメのことを教えてくれました。
人のそばに巣をつくる理由、同じつがいが同じ場所に繰り返し営巣する、
というのは知っていたのですが、

春に、東南アジアから数千キロを渡って日本にやってくる。
春の日本は東南アジアよりも小さい虫が多く出てくるので出産と子育てに適している、そうです。

  日本に住んでいる人は、ツバメの子育ての様子を見られて幸せです。
  東南アジアの皆さんにも味わっていただきたいけれど。

国外から飛んできて、なぜ、日本の中の同じ場所に戻ってこられるのか。
私なんて、1度通ったぐらいでは迷ってしまうのに、なぜ、同じ場所がわかるのか。

不思議、不思議、です。

あっぱれ、です。 ヒトにはできませんよね。


また、日本はずっとずっと昔からツバメさんとヒトが近しくしてきたこと、その理由、
それはなんとなく聞いたことがあったものの、

日本で野生の自然の中にツバメが営巣した記録は無い、というのは驚きました。

これから雛が孵化して、また子育てを見せてくれるのでしょう。
どうか、巣立ちまでご無事に。


おしまいに、近所で会った猫の写真を。
はじめまして、のコです。
200509DSC_0378.JPG

話しかけている間じっとこちらを見てくれていて、優しさを感じたのですが、
写真を見たら、あれ? 睨まれてた?


皆さま、このしんどい日々のなか、、どうか、お心が折れませんように。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント