すっごい切り株発見! と、うちでも外でも傘場ルピナス鑑賞

最近見つけてビックリしたもの、
縦株1.JPG
この切り株、生えているのではありません。
両側伐られて、穴まであいていて、コンクリート上に置かれているのです。

そばには横に置かれている、同様の切り株。
株2本.JPG

なぜこの2本から小枝が出て葉がついているのか、不思議です。
生命力が強い?


生命力といえば、
2019年6月、2019年7月、そして2019年8月にに書いたきりの傘場ルピナスさん。

昨年のうちのルピナスさんは茎が細いままで、補強したものの、
30cmに届かずに力を失ってしまい、
気の毒なことをしました。

このルピナスは、ある工事関係者の方が育てていらっしゃいました。
工事現場の周囲に癒しをと、何種類かの植物をコンテナで並べていらしたのです。
そのお気持ちが嬉しいと思ったものでした。


育ちきったルピナスから種をとり、植えられて、
2つのコンテナいっぱいに育っていきました。
156551952200296075388-thumbnail2[1].jpg

ところが、晩秋、そこの工事が終了し、ルピナスをどうするか、というお話になったそうです。
実は、毎日興味津々で見ていた私にくださる、というお話があったのですが、
枯らしてしまいそうなので辞退しました。

すると、ある日、ある場所に植えかえられていたのです。
植えかえられたうちの数株は立派に育ちました。 あっぱれ!

コロナ禍の中、久々に見たらお花が終わりかけていて、
ルピナス外花.JPG

じきに花が終わり、種がとても目立つようになり、
rupinasu全景.JPG
  ソラマメのさやのようなのが、種のさやです。
  私、実はお花より さやの方がが楽しくて好き!

ルピナスさや.JPG

種のさやが茶色くなり始め、
200623DSC_0600.JPG

土の上に落ち、
ルピナス土上1.JPG
ルピナス土上2.JPG
茶色くてまるいのが種です。

芽がでてきていました。
土上芽.JPG
真ん中の植物の両側、土の上に立っているように見える茶色い丸がそれです。


たしか、傘場ルピナスは暑さに弱く、種は秋にまくのがいい、と聞きます。
なのに、誰も種を回収する様子がありません。

沢山の種がいっせいに芽を出すと育たないコが出てきそうです。

そこで、少しいただいたきちゃいました。
その中に、すでに根が顔をだしているのがあったので、土の上へ。

じきに芽が出て、
ルピナスうち目.JPG

次々と。
200705DSC_0804.JPG
まだ芽が出ていない種も、土の中に根をしっかり伸ばしています。


今度は育てられるかなあ。心配と楽しみが入り混じっております。


水害で大変な環境にいらっしゃる方々がおられるのに、
こんな のんきな話ですみません。

コロナ禍も何も変わっていないので、
せめて休日にこもっている時ぐらいは無為に時間を過ごすことを我れに許してしまいます。
「ああ、今日も無為に過ごしてしまった」なんて後悔した頃もあったのになあ。
今はもう、日々過ごすことだけで・・・・・・。
そう、有意義な日なんて1日もないかも、だったぁ。


みなさま、どうぞ、ご無事で。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント