あ、春だったんだ


緊急事態宣言が解除され、
笑顔でインタビューに応えている方々がいらっしゃいました。
「やっと安心して出かけられます😃」と。


いやいや、何も解決していないのですから、
安心して出かけられないはずでは? 
   と、テレビ画面に警告したりして。


解放感を味わいたい気持ちは とってもわかりますけれど。


2017年4月にご紹介したきり触れていなかった、岩から生えている松。
まつ2017.jpg

今も活き活きとしています。
まつ.JPG
根は岩の中ですから伸ばせないでしょう、
なのに、季節の移ろいと共に表情を変えてくれます。

まつアップ.JPG
200520DSC_0046.JPG
クロマツという松は、新枝の根元に尾花、先に雌花がつくそうです。
この松はなんの種類なのか知らないのですが、クロマツ情報にならうと、
紫色が雌花、茶色いのが雄花、かな。
そして、緑色の小さな実は2年ほどして褐色になるのだとか。
この樹が小さいからか、褐色の松ぼっくりも小さくて可愛らしいです。
お花、若い実、熟した実、勢ぞろいしているのですね。


〇〇感 といえば、会見で耳にする「スピード感をもって」という言い方、不思議です。

なぜそこに「感」を入れるのか、不思議。 
「感」、いらなくないですか?


昨年か一昨年にご紹介した、遊歩道のサクランボ。
今年も見事に実っていました。
さくら.JPG
この写真の1週間後には、落ちていた実まで鳥たちが食べきっていました。
この樹は、セイヨウミザクラというのだそうです。

美味しいのでしょうね。毎年あっという間に実が消えます。


そして、今年はもう1本発見。
やはりご近所の公園にも似たような実がなっているのです。
もうひとつのさくらアップ.JPG
実のなり方も、葉っぱも少し異なるようなので、違う種類なのでしょう。
こちらはまだ実がついています。


数日前、森山直太朗 さんの 『最悪な春』を聞きました。

まず感じたこと。

「あ、春だったんだ」

感染、検査、隔離、外出自粛、緊急事態、あれやこれやで過ごしていた時期、

「あ、春だったんだ」


新型コロナで日常が不安定になってからも 道端の花や若葉を見てきたのに、
それが 春 初夏 という季節に結びつかずにおりました。

タケノコも目にしました。
たけのこ.JPG


あちらこちらで見かけたショウブも、
200504DSC_0327.JPG
200502DSC_0296.JPG
いつのまにか姿を消しています。


歌詞の中の、
どこからどう見ても どこをどう切っても これはきっと最悪な春
  たしかに。


でも、ビワの実も色づきはじめています。
びわ.JPG
 

話は変わりますが、
歩いて行ける範囲の本屋さんも図書館も閉まっている、
それを寂しく感じておりまし、た。

ところが、職場最寄り駅近くの本屋さんが開いているのを知り、
交代出勤シフトに組み込まれてから寄ってみました。

書棚の前に立ち、・・・・・・なんだか嬉しかった。

でも、あれこれ見たり触ったりしてはいけないと思い、
ちょっと気になっていた本を1冊購入。
DSC_0348.JPG

ある俳優さんがテレビ番組で紹介されていたコミックで、
動物たちが通っている学校の話、と聞いて興味津々。

そして、読んだら はまってしまい、
次も、次も、と、vol.5まで購入。
DSC_0308.JPG
これは散財が増えそうですが・・・・・・・とても惹かれています。

動物ばなし、肉食獣と草食獣が共に通う学校で起きるさまざまな事件、それぞれの葛藤。
エピソードの中には直視したくないような怖いものもあるのですが。
主人公のオオカミくんが実に魅力的なのも、やめられない理由のひとつ。

猫のコミックや小説やドキュメンタリーやレポート、たっくさん本棚で待たせてしまっているのに、
いまだに辛くて読めないものだから。
テレビ番組もまだだめ。


オオカミさんも好き、という件、いつか語らせていただいちゃうかも、です。


話は変わります。
6月1日から、私は通常勤務が再開します。
依然としてウィルスはどこに潜んでいるかわからないですが、
きっとあちらこちらで日常の時間が戻ってくるのでしょう。

電車が混んでも、私が乗るのは数駅だけです。
急行に長く乗っていかれる方々は防護服を着ていかれたいのでは?
手に入れば、ですけれど。

第2波、今までよりもっとすごいのではないかと怖いですが、
まあ、運を天にまかせて過ごすしかありません。

これは近くで見つけた木。
スモークツリーの一種ですか?
200504DSC_0331.JPG
この木には申し訳ないですが、こうした感じでもっとごわごわしていて黒いのが頭の中に詰まっている気がしています。

歌詞の、
最悪な な な なんてまた すぐに上から塗り替えられちゃう
  きっと、喉元過ぎる頃がきたら、そうなのでしょう。

でも、ほんとうに終息するときが来るとしても、
それまでに犠牲になられた方々、
生活の基盤を失ったり危うくしたりした方々がいらっしゃること、
忘れてはいけないと思います。

いつ自分自身がその一人になるかもしれないですし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

myamya(本人)
2020年06月01日 19:39
通常勤務再開1日目。6時半に出て、超過勤務なしで19時帰着。たったそれだけの、たった1日なのに、疲れました。情けないこと!
帰り道、脚が重い、身体が重い。まあ、太りましたし、在宅勤務の日はじっとしている時間が長かったですから。
帰りに例のコミックを5冊も買ってしまいました。ああ~、これはきっと、
おそらく、発刊されている分全部買っちゃう!なあ。