うちのルピナスさん

暑いですねえ。
ずっとずっと以前は、30度あればニュースになるような暑さだったと思うのですが、
今は微熱ほどの38度とか39度とかの地域もあって、
やはり地球が変わってきているのでしょうか。

私も先日自宅で、普段のめまいと違うフラフラを感じて、
熱中症だといけないと、水分を補給しました。

熱中症は、気づいたら動けなくなっている、と聞いたことがありますから、

みなさん、気をつけましょう。


ところで、これ、
アザミです。
あざみ.JPG
「あれ? なんか、爆発してる?」と気づいたのは いつだったか。

アザミの花が爆発するなんて知らなかったぁ、と思っていたら、
どうやら、種のようです。

1つの株(っていうのかな)に、まだ小さくて色づいてもいない花、
今が盛りの花、盛りを終えてからの種、いろんな世代が同居しているようです。
不思議です。


植物といえば、前々回でしたか、ご紹介した「傘場ルピナス」

たくさん植えられたプランタはどんどん育って、
みっしり.JPG

あまりの密集ぶりに、2つに分けられました。
2つにわけられて.JPG

いただいた種はしまっておいたのですが、見てみたら ひとまわりほど小さくなっていました。

保存方法がいけないのかな?
芽生えてくれるのかな? と不安になり、
2つ、土に乗せてみました。

翌日は変化なしだったのですが、
2、3日後には ちょこっと緑色のが顔をだし(根?)
うちの1.JPG

撒いた2つのうち1つはダメでした。ごめんなさい。
左下に見えるのが申し訳なかった種です。
うちの2.JPG

種が大きく割れてきて、
うちの3.JPG

角度を変えるとこんな感じ。
うちの3.5.JPG

出てきました、葉っぱになるのが出てきましたぁ!
うちの4.JPG

伸びてきましたぁ!
うちの5.JPG

かわいい、かわいい。
うちの6.JPG

この葉っぱ、かわらしいですよね。
うちの7.JPG


昨日あたり、ふと気づきました。
プランタのより、葉っぱが小さくて、妙に長く伸びているような。
うちの8.JPG
根を深く張っている感じがしないので、倒れちゃいそう。だいじょぶだろうか。
根元に土を足して、支えなくちゃ。

種はあと数個あります。
暑さに弱い植物だから秋に撒くようにと言われたものの、
次第に小さくなっていくようで、
また芽生えさせてあげれらないんじゃないかと心配です。

プランタで育てている方に相談してみようかなあ。

神さまトンボ


今、土曜日の午後6時過ぎ。遠くから太鼓の音が聞こえています。
最寄り駅で行われている、けっこう大規模な盆踊りのお祭り。
今日と明日の開催です。
以前は盆踊りを見るのではなく屋台目当てで行ったこともありましたが、
最近はご無沙汰です。一人じゃねえ。
でも、少々高揚した方々の醸し出す雰囲気、思い出しています。
(実は、人々の高揚が高まった空間、苦手なのですが)

あちこちで夏祭りや花火ですね。
駅で見かける浴衣姿、可愛かったり粋だったりカッコよかったり。
どうか、熱中症には気をつけて、ごみはおうちまで持ち帰りましょう。


ところで。先日の仕事帰りの電車の中。
突然飛んできて、飛んでいった、何か。
離れてから見てみると、どうやら虫らしい。
4枚の羽があるので、トンボ?
でも、羽根が真っ黒。
ハグロトンボ光のゑの具.jpg
 <ハグロトンボ光のゑの具さんの画像>

やけに不思議。
やけに綺麗。
やけに神々しい。

何人かの乗客が、「外に出してあげないと」と声をあげてくださったものの、
動きが早くて、動きの予想がつかなくて、車両内が混んでいて、
誰も捕獲することができません。
パニックになっているであろうトンボさん、
私が降りる時には天井にとまっていました。
その電車の終点まで6駅、見守っていたいと思いつつも、電車代をけちってしまい、降りました。
すぐ、駅の詰所に行き、終点まで無事でいたら外に出してあげてください、と懇願。

あの後、どうしたかなあ。
終点まで殺されずに過ごして、外に出してもらえたかなあ。

分解してコンパクトになる捕虫網、持ち歩くべきだろうか、と思いました。
私はうまく使えませんが、子ども時代に使った年代の方にお願いすれば、捕獲できるでしょうから。
ハグロトンボはるなつあきふゆ夕菅の庭.jpg
 <ハグロトンボはるなつあきふゆ菅の庭さんの画像、♂>

羽根が真っ黒なトンボ、初めて見ました。
だから、トンボなのかどうか、最初はわからなかった。
帰宅後調べたら、「ハグロトンボ」だそうで、神さま扱いされている、とか。
なぜ電車に入ってきてしまったのでしょう。
尾が緑色に見えたので男性かと思いますが、雌雄どちらであれ、
どうか、ご無事で。
ハグロトンボphotoAC身体黒メス.jpg
 <ハグロトンボphotoACさんの画像、♀>


翌朝の出勤時には、うちを出てしばらくの所で、ミミズさんに遭遇。
この暑さと日照りの中、道路を横断しようとしていました。
「向こうに着く前に乾いちゃうか、車に轢かれちゃうよ」と、
そっとつまんで、土がある場所に移しました。
その時、水を持ち歩いている方がいいなあ、と思いました。
土の上に移したあげた後、周囲に水を撒いてあげたら気持ちよさそうでしょ?

その朝は、ひっくり返ってしまったカナブンにも会い、
紙に乗せて土の上に移してあげたのですが、
これは何を持っていたら楽にしてあげられたのでしょうか。
でも、自分の手でつかめない場合のために、何か紙を持ち歩きます。

何かあった時のためを思うと持ち歩く物が増えますが、
脊柱管狭窄症と肺疾患のせいであまり重たい物は持ち歩けないので、考えなくては。


ところで私事ですが(みんな私事ですね)、
昨日の8月2日、ミャミャの命日でした。
200908291808000.jpg

2015年8月2日
もう4年? まだ4年? どちらなのかわかりません。

どこかで生まれ変わっているなら、幸せに過ごしてください。

私は相変わらず毎日あなたたちの名を呼んで助けを求めていますが、
心配しないで幸せになってください。
私が忘れないことは、私の勝手ですから。